Ns Note

「たのしい」「おいしい」のライフログ

2014年沖縄

沖縄旅行2014年

JALプライベートリゾートオクマは外国にいるような心地よさを提供してくれる素晴らしいホテルです!

2014/08/15

今回の宿泊先はオクマです。
本島の最北端「やんばるエリア」にそびえ立ちます。
このホテルは本当に素晴らしいです。

JALプライベートリゾートオクマ
2014年沖縄

Sponsored Link


JALプライベートリゾートオクマ

ヤンバルエリアにあるリゾートホテル。

公式サイト



こちらは通常のホテルでは無く、敷地内にコンドミニアムが点在する宿泊施設です。

2014年沖縄
そのため、敷地内は非常に広大ながら、宿泊者の人数はそれほど多くありません。
食事やビーチやプールでは混雑感の少ない贅沢な雰囲気を感じることができます。

ホテルのフロントって結構大切な場所ですよね。人で言うと顔とか第一印象と同じくらい大切な場所。

2014年沖縄
2014年沖縄
一歩踏み入れた瞬間に期待できそうだなと思わせてくれました。

メインコテージ


今回私達家族が泊まったのは一番オーソドックスなタイプのコテージです。
3階建てのシンプルなタイプ。

2014年沖縄
室内は広くとっても快適です。

2014年沖縄
2014年沖縄
床はフローリングで裸足で歩く仕様になっています。
ホテルの方いわく
「リゾート気分を味わっていただくために素足でリラックスしてください」
とのことでした。
(ちなみに、スリッパも完備です)


洗面台は2つ。
女性グループにはありがたいでしょうね。

2014年沖縄
トイレとバスは一緒ですが、改築したらしくシャワーブースとして分かれています。

2014年沖縄
2014年沖縄
水回りは全てキレイでした。

テラスは広くゆったりとしています。

2014年沖縄
ここも裸足で出られるのが嬉しいです。
水着を洗って干しておけるので大変便利。

夕日も見られます。

2014年沖縄
宿泊中に隣や上下のフロアの物音や振動のようなものは全く気になりませんでした。
コテージタイプだったので、そこが気になっていたんですけど。
実際のところ、普通のホテルよりも遮音性が高いと思います。

ちなみに、料金の高いプランのコテージの方が当然フロントがある施設から近い作りになっています。
オーソドックスなタイプのコテージは、フロントやレストランがあるエリアから、どこも結構歩かなければなりません。
そのため、フロントの方が車で無料で送迎してくれたり、無料の巡回カートを使うことができます。

2014年沖縄
実際、慣れるとそれほど距離が辛いとは思いません。
ただ、天気が悪かったり、色々と観光して疲れた後では歩いて移動するのは辛いかもしれません。

敷地内

敷地内には色々と配置してあり、距離があっても楽しめるようになっています。

ハンモック

2014年沖縄
ところどころにあって、子どもが楽しめるようになっています。

ヤギ

2014年沖縄
2014年沖縄
2014年沖縄


2014年沖縄
すいません他にもたくさん咲いていましたが、みんな家族写真でした…。

ちなみに、夜になると大自然の中に都会ではなかなか見ないような大きな昆虫やイモリが出ます。
女性や子どもで虫が苦手な方は夜の自販機に近づくのはやめましょう。

大浴場

ビーチに近いエリアに宿泊者は無料で利用できる大浴場があります。

2014年沖縄
十分な広さはありますが、温泉施設のようなだだっ広さは期待しないでください。
湯船から海を一望できる素晴らしい展望風呂です。
あまり身を乗り出すと、海から見ている方の迷惑になりそうなので気をつけましょう。

2014年沖縄
残念ながら、海から直行はできないのでマナーを守って入浴してください。

更衣室には鍵のかかるロッカーもあり、貴重品や携帯電話を持っていても大丈夫です。

ビーチ

2014年沖縄
沖縄と言ったら当然海ですよね!

白い砂浜と青い海です。

2014年沖縄
2014年沖縄
正にプライベートビーチという感じで全く混雑していません。
周りに他の宿泊施設がないからなのでしょう、本当にゆったりとしています。
こんなにキレイなのに人が少ない海水浴場というものが存在することがスゴイです!

マリンアクティビティーでゴムボートを引っ張ってもらうやつをやりました。

2014年沖縄
途中で子どもが吹っ飛んでかなり焦りました!
海には落ちなくて済みましたが、かなり心配になりました。
本人は全然怖くなく楽しかったようですけど。

吹っ飛んで驚いた瞬間、ジェットスキーのドライバーさんはすぐに停止してくれました。
運転しながら、ずっと後ろを気にしてくれていて安心して任せられます。

うちはJTBでツアーを頼んだのですが、この手のアクティビティは1日1回無料でした。

他にもビーチタオルやパラソルやデッキの利用も全て無料。

2014年沖縄
以前の沖縄旅行では何でも有料だったので、ちょっとビックリでした。

Wi-Fi

このホテルを選んだ理由の1つに「Wi-Fi完備」があります。
我が家では宿泊先でLAN接続でネットができないというのは選択肢に入りません。
このホテルは宿泊している部屋やレストラン等の敷地がほぼ無線LAN圏内になっています。
当然、FreeのWi-Fiでだれでも利用できます。

あまり宣伝していないのですが、もっとアピールしても良いポイントだと思います。
ただ、ADSLベースなので、接続速度はかなり遅いです…。

オススメ情報

パンフや公式サイトの情報にない嬉しかった夏休みイベントの紹介です。

ウェルカムドリンク


2014年沖縄
フロントにシークワーサージュースがあって14時〜18時は好きに飲めます。

ビーチイベント

月水金の夕方はビーチで宝探しイベント。
うちの子どもはアイス無料券をGETしてきました!

火木は親子で船に乗るイベント。
(ビーチの写真にある白地の船です)
残念ながら風が強く高波で中止でした。

打ち上げ花火

2014年沖縄
2014年沖縄
火金の夜の20時半からのイベントです。
三線やエイサーの後に打ち上げ花火を行います。

これが思っていたよりも立派な花火でした。
パンフ等には載っていませんでしたが嬉しいイベントでした。

まとめ

今回の宿泊先は、のんびりする時間を満喫するために「室の高いサービスを提供してくれるホテル」という基準で選びました。
クチコミで評価の高いリピーターが多いリゾートホテル。

初めてのコテージタイプで、かなり奥まった所にあるのが心配でした。

施設的なものから言うと、全く不自由なく楽しいリゾートライフを演出してくれました。

個人的に気に入ったのがベッドルームの照明です。
私は基本的に真っ暗な中で寝るのを好みます。
何処に行ってもホテルの寝るときの照明は明るすぎて気になってしまうんですよ。
何で枕元であんなに明るい電気を付けなくてはならないのか…
私一人ではないので、夜中や明け方に起きた時のことを考えると真っ暗にはできません。

ここの照明は、その辺を考慮してあって、スゴく調度良いんですよね。
ベッドのも質も良く、ぐっすり眠ることができました。

サービスの方も文句なしです。
ホテルのスタッフの方達は良い意味で「沖縄らしくない」サービスのプロ集団でしたね。

すれ違う度に笑顔で挨拶をしてくれながら、接客や仕事はきっちりとしたプロでした。

場所柄、空港から遠いので移動する時間がかかるのがネックです。
それでも、それを補ってくれる素晴らしいサービスと空間が存在します。

また沖縄に行くときは是非利用したいですね。

誰かに薦めたくなる本当に気持ちのよいホテルです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
RSSの登録はこちらからどうぞ

follow us in feedly

気に入って頂けた記事はシェアして頂けると嬉しいです!

-沖縄旅行2014年
-