Ns Note

「たのしい」「おいしい」のライフログ

私が車検はディーラーが良いと思う理由

2014/02/26

先日、うちの車が初めての車検を迎えました。
今まで車検は色々なところに頼んできました。
今回は迷わずディーラーに頼みました。

という訳で、今回は車検の話を書きたいと思います。
車検ブログ1th_

Sponsored Link


自動車検査登録制度

車検の正式名称です。
意外と知らなかったりしますよね。

以下wikiから引用

自動車検査登録制度(じどうしゃけんさとうろくせいど)とは
日本でミニカー・小型特殊自動車を除く自動車や排気量250cc超の自動二輪車に対して
保安基準に適合しているかを確認するため一定期間ごとに国土交通省が検査を行い、
また自動車の所有権を公証するために登録する制度をいう。
一般には車検(しゃけん)と呼ばれる。


値段とサービス

車検の費用というのは
重量税、自賠責保険料、検査費用
これがいわゆる法定費用です。
絶対にかかる決まった金額の費用。

ここに点検費用や部品代、サービス料といったものが加算されます。

当たり前ですが安くしたければ法定費用しか支払わないことです。
自分で行えば代行手数料のようなものもかかりません。

ディーラーや専門店、修理工場の様な所へ頼めばそれなりの費用がかかります。

しかしながら、私は車の専門家ではありません。
ユーザー車検で費用を安く抑えるよりも、時間や手間暇を抑えたいです。
イチかバチかで車検に出して、整備不良で出直しなんて耐えられません。

当然、専門の店に頼むのですから対価が発生します。
この世の全ては等価交換ですから。

私は新車で今の車を購入しました。
大事にしている車を預け、必要な手続きを全て代行してもらうことになります。
知らない人間が私と同じくらい大事に扱ってくれるとは思っていません。

でもディーラーの人は自分の会社の車に愛情がありますよね。
普段から付き合いのあるお客様の車だったら尚更ではないでしょうか?

だからこそ、ディーラーに車検を頼むべきだと思っています。

そして私がディーラーに車検を頼む3つの理由がこちらです。

1 代車が気持ち良い
車検ブログ6th_
今の車はスズキで購入しました。
軽自動車ですが両側スライドドアでインテリアの質感が良くとても気に入っています。
普通に軽ではない小型車よりも全然値段が高いから当然なんですけどね…
フルモデルチェンジで新型が出ましたが、まだまだ乗り続ける予定です。

せっかく気に入って購入したので「メンテナンスパック」に入りました。
先払いで一定期間のメンテナンスの契約を交わします。
この期間は定期点検等でかかる消耗品の費用が発生しません。

今はどこのメーカーでもあると思います。

オイル交換等はこういうサービスで定期的にやらないと面倒でサボってしまうんですよね…
だから頼まなくても困らないと思うのですが頼んでいます。

このプランで定期的に半日〜1日車を預ける時がありました。
そんな時は代車を頼みます。
この時の代車がいつも現行型の「ワゴンR」でした。

これが禁煙車で中も外もキレイなんですよ。
うちの家族はみんなで潔癖症なので…
代車なのですが気持よく乗れて嬉しかった。

きっと、うちの車の車格で選んでくれていると思うので。
もっと大きいクルマなら、それに見合った車を貸してくれると思います。

今回は担当の営業さんが代わったので
念のために「代車はワゴンRでお願いします」
とお願いしました。

そしたら、新型のワゴンRでした!
エネチャージとアイドリングストップ機能が付いているやつ!
車検ブログ4th_

これが乗ってて楽しいこと。
エネチャージスゴイですよ!

代車で違う車の宣伝も兼ねているんでしょうね。

昔、いわゆる町工場の修理屋さんの代車でボンネットがベコベコのとかあったな…

ガソリンスタンドの時は、それなりの車でしたが有料でした。

ホンダの時はヤニだらけで臭くて汚い車だった。
しかもチャイルドシート付けていたのに…
たまたま担当の営業がダメだっただけかもしれませんけど…

今まで代車で一度も良い思い出はありませんでした。
今のスズキは安心して車を借りられます。

2 明朗会計な見積もり
車検ブログ00th_
ディーラーは高いという意見があると思います。
しかしながら、私のイメージは違います。

しっかりとした見積りで安心して任せられます。

以前、いわゆる町工場の修理屋さんの見積もりは全部で◯◯万円みたいのでした…

ガソリンスタンドは一見すると安いのですが…
1つの部品の取り付けに1件の工賃が発生していました。
たぶん、お客さんに「これはいらない」
と削られていくことを想定しているのだと思いました。

スズキの見積もりはかなり驚きなのですが…
基本的に工賃的なものは発生していません。
部品代とコーティングで発生している「技術料」だけです。

ボンネットの引っかき傷の様なものが気になっていたので、
ついでに塗装を頼もうかと思って相談した時も
「コーティングの作業で磨くから傷は目立たなくなると思いますよ」
という返答でした。
それでも気になるようなら考えましょうということでした。

普通は修理費用稼ぐチャンスだと思いますよね(笑)

私の懐を心配して気を使ってくれているようにすら思えます。
とにかく安心して仕事を任せられます。

3 車のプロである
車検ブログ2th_
誤解を招く言い方かもしれませんけど。
ガソリンスタンドや修理工場の方もプロです。
でも私の車の専門家ではありません。

ディーラーの修理担当者は自社の車のプロです。
ちょっと見た感じでは何でもないように感じるものでも…
その人達が見たら「ん?」ということもあるのではと思っています。

ちまたの憶測のような話では…
リコールまで行かない様な不具合を無償で直しているという話もありますし…

それに、車検の専門店やGSの方は必ずしも社員の方ではないですよね。
受付や検査場へはアルバイトという可能性もありますし。

実際のところ、他の所でお願いしてどこまで整備するかわからないですし…
ディーラーは手を抜いてバレたら客は逃げるし信用も落としますよね。
だから、その手の心配はないと思っています。

ディーラーは高くない

車検ブログ3th_
先に書いたように値段を抑えたければ必要以外の部品代は控えれば良いだけです。

それでも少しでも抑えたいと思うのならば車検専門業者に見積もりを頼みましょう。
その見積を持ってディーラに相談すれば、それなりの金額でやってくれると思います(たぶん)

今時の車はエンジンルームが狭くていじるの厳しいですよね。
そんなことも自分の会社で作っている車のディーラーなら慣れっこでしょう。

車の整備というものは自分や家族の命にも関わってきます。
可能性の問題で、できるだけリスクを排除するならディーラが良いのではと思います。

まとめ

どうせお金を使うなら有意義に使いたいものです。
「少しでも安く」に拘ると他のところで不便や我慢を強いられます。

費用対効果ということを考えると…
車検はディーラーに頼むべきと言うのが私の意見です。

車を検査に出して整備をするという作業はどこも一緒です。
その過程としてあるものがサービスです。
結果として付随するものが安心です。

そう考えるとディーラーが1番という結論です。

以前は某H社のディーラーの担当者と合わなかったので他の場所で頼みましたけど…

今はスズキという会社で、車にも営業や修理の担当者の方にも満足しています。









-
-,