Ns Note

「たのしい」「おいしい」のライフログ

黒いApple

iPhone設定

iPhoneの電源が急に入らなくなって困った時の対処方法

2014/11/09

あるとき急にiPhoneの電源が入らなくなってしまったら…
考えただけで恐ろしいですね。
今回はそんな世にも恐ろしい物語のお話です。

iPhoneの電源が急に入らなくなって困った時の対処方。
黒いApple

Sponsored Link


電源が入らない!

今回のお話は私のiPhoneではなく奥様のiPhone5sです。

うちの奥様は非常に良くできた人です。
私が出勤の日は、必ず私より早く起きて家の冷暖房をつけ朝食の準備をしてくれています。

だから、私は感謝の意を込めて、基本的に出かけない休日は夕飯の用意をしています。
もちろん私が料理好きだからやっているんですけど。

先日、珍しく寝坊したらしく寝坊して、私の目覚ましのアラームで起床しました。

後からリビングへ向かうと
「iPhoneの電源が入らなくなった!」
「寝る前は電源が入っていたのに落ちてしまってアラームが鳴らなかった」
ということでした。

確かに、操作してみても電源は入らず、充電しても反応しません!

機種変後の初期不良?

iPhone5sに機種変をして、まだ1周間位です。
「もしかしたら初期不良かな?」
初期不良でもソフトバンクでは交換してくれないという話を聞きます。
故障だったらApple Storeまで交換しに行かないと…

いろいろ考えて必要事項を伝えて出勤しました。

途中の電車の中で、ソフトバンクで伝えることや、持っていくものを子どものLINEで連絡。
強は奥様仕事で忙しいんだけど大丈夫かなと考えていたら…

出社後着信があり、なんと電源が入ったとのことでした!

復旧方法


実は以前からiPhoneの電源が急に入らなくなる事例は紹介されています。

iPhoneの電源が急に落ちて立ち上がらなくなった場合はリセット処理を行います。

そんな非常時の操作方法は

ホームボタンを押しながら電源ボタン長押し

電源ボタン
ホームボタン
両方同時に10秒ほど押し続けます。

この方法でリセット状態となり復旧する場合があります。
私の奥様の場合はこれで大丈夫でした!

本体の設定には影響なし

リセットと言っても本体の設定内容や登録アプリに影響はありません。

フリーズしたPCを強制終了して再起動しているようなものだと思ってください。

この操作でもダメなときは故障と考えてキャリア並びにApple Storeへ相談しましょう。

そういえば、昔iPod touchが同じようにダメになった時に、この操作を行って復旧させたことがありました。
そんなこと、すっかり忘れていたのですけど…

まとめ


すっかりiPhoneに依存している日常を送っています。
一日でもiPhoneが使えない日があったら生活できるのだろうかと考えてしまいます…

連絡手段としての電話やLINE。
遊びというより趣味のパズドラ。
スケジュール帳にメモ帳。

iPhoneには生活に必要な情報を全て詰め込んでいます。

かなり依存した生活を送っているので壊れてしまったら本当に困るでしょうね。

先日の機種変からの復旧の際にバックアップってスゴイなと思いました。
色々あって、初期化して復元したので大変だったんですけど…
今回の件とは別にバックアップの大切さを書こうと思っていた矢先のできごとでした。

iPhone5sに機種変してバックアップの大切さを本当に実感しました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
RSSの登録はこちらからどうぞ

follow us in feedly

気に入って頂けた記事はシェアして頂けると嬉しいです!

-iPhone設定
-