Ns Note

「たのしい」「おいしい」のライフログ

iPhoneアプリ

コンデジやデジイチの様にiPhoneのカメラアプリを使い分ける!

2016/12/05

最近はデジカメを使うのが子供の運動会等のイベント時期だけになりました。
さすがに、運動会はデジ一の望遠を利用しています。
望遠以外はiPhoneカメラで事足りています。

私が普段使っているカメラアプリはさほど多くありません。
今回はブログで使っている写真の使用例と共に紹介します。
iPhoneカメラ

Sponsored Link



OneCam


巷のブロガーさんが、こぞって勧めるカメラアプリ!
軽くて速くて音の出ないカメラです。
このアプリは最近になって導入しました。

詳しい解説記事↓

iPhoneで静音撮影も可能なカメラアプリ「OneCam」を徹底解説

実は使う前までは、評価に懐疑的でした。
写真は大きいサイズで保存して、小さいサイズにして加工するのが効率的だと思っていました。
小さいサイズの写真を大きくするのは画質の問題で無理があるからです。
このカメラアプリは、ソーシャルに適した小さなサイズの写真を撮るのに特化した設定になっています。

※ 現在のバージョンでは大きなサイズも撮影可能になりました

『やっぱり、もっと大きなサイズで撮れば良かった』
となるのが不安でした。

使ってみようと思ったきっかけは、その疑問視していた写真サイズ!

今までは外で食べたものや、自宅で食べたものを撮りためていました。
いつからか、iPhoneの容量が圧迫されてきて、自宅で作った料理を撮らなくなりました。
外で食べたものも
『ブログに残るから』と消すようになりました。

うちのiPhone 4Sは16GBです!
よそ様と違って容量に余裕がある生活ではないので!

そして、Dropboxまでピンチに…
という訳で、食事用に最初から小さいサイズで撮影するワンカメを導入しようと思いました。

使ってみたら、ビックリですよ!
カメラのシャッター音が無いって、こんなに快適なんですね。
食事の最中に撮影するのは、結構、気を使うんですよね。

カメラの性能自体も期待以上でした。
今までも無音カメラアプリは持っていましたが、性能的に満足できるものはありませんでした。
このアプリは周りに配慮しながら満足の行く撮影ができます。

今まで撮影した感じでの使い方として、
オートフォーカスよりも自分でピントを合わせる方がオススメです。
このアプリにして、料理写真のピンボケが少なくなりました。

静音シャッターで、何度も気兼ねなく撮れるのも良い結果になっているのかな?

最近、撮影した写真
IMG_5695th_
IMG_5692th_
HONG KONG SWEETS 果香 ルミネ
IMG_5736th_
というわけで、料理系の写真は「OneCam」を利用しています。
カメラに例えると、ミラーレスのような感じでしょうか。

Camera+

Camera+
200円
(2013.12.10時点)
 iTunes で見る
posted with ポチレバ

以前からずっと使い続けている高機能カメラアプリ。
エフェクトが多才で、撮影後にどんな仕上がりにしようか楽しめます。
このカメラアプリを使うまでは、純正のカメラで良いと思っていました。
でも、一度使うと純正カメラだけでは物足りなくなります。

以前書いた記事↓

最高のカメラアプリ Camera+ がアップデートで日本語対応になりました!

私はこのアプリで撮影した写真をカメラロールとアプリ内のBOXと両方に保存しています。
エフェクトをかけたものは上書きされるので、加工したものとカメラロールに保存したものと両方を比較して良い方を保存するためです。
たまにエフェクト処理をしたものよりも、純正の写真の方が良いものもあったりするので…

最近、撮影した写真
IMG_5553th_
IMG_5577th_
HONG KONG SWEETS 果香
「Camera+」は普段使いのメインカメラアプリです。
主に風景や人物を撮るのに使っています。

カメラに例えるとデジ一ですかね。

純正カメラ

純正カメラだけが、備えている唯一の素晴らしい機能。
それはロック画面からの起動です。
いちいち、iPhoneのロックを解除しなくても、カメラを起動することができます。
とにかく、すぐに撮影したい時は純正アプリを使います。

後は、メモ代わりの写真ですね。
例えば、電車の時刻表の一部分。
スーパーの広告や販売している商品の価格。

とりあえずで、保存するものは純正カメラです。

ワンタッチカメラ


このアプリは少し変わっていて、動画を撮りながら静止画を撮れます。
無音で動画を撮影しながら、そのコマを静止画で保存できます。

かなり怪しい感じのアプリです。
探偵の7つ道具みたいな。
でも、簡単に両方撮れるのが意外と便利だと思います。

動画の時間が長いとスゴイ数の静止画になりますけど…
静止画を連続で撮影してくれるので、意外とブレの少ない写真が撮れます。
膨大な写真の中から選別するという作業が発生しますけど。

個人的には緊急で現場を保存したいときに効果を発揮すると思って入れてあります。
実際に普段使っているカメラではないので写真は無いんですけど。

ちなみに、有料アプリとなっていますが、期間限定で無料ダウンロードできます。

というわけで、動画と静止画どちらも撮りたい時はこちら。

まとめ


iPhoneのカメラアプリは本当に、たくさんの種類が存在します!
トイカメラ系のものから、高性能のアプリまで色々な種類があります。

私は基本的にあまり使わないアプリはドンドン消してしまいます。
色々と試してみますが、カメラ系アプリは、ほとんど一度しか使うことがありません。
普段使っているカメラアプリは今回紹介した「OneCam」と「Camera+」と純正アプリだけです。

もっと色々な写真を撮りたい方は、複数のカメラアプリを利用されていると思います。

無料のカメラアプリはまず使ってみて、好みのものを探してください。
被写体や撮影目的によって利用に適したアプリが変わってくると思います。

有料アプリは購入時に慎重に検討しないと後悔するかもしれません。
今回紹介した「OneCam」と「Camera+」は高性能ながら使いやすいのでオススメします。

さいごに

写真って大事なものだと思っています。
記憶だけでは残せない思い出も記録して思い返すことができます。

大切な人との記念日。
家族のイベント。
楽しかった旅行。

余計な荷物を増やさず、いつでも気軽に撮影できて写真を持ち歩くことができる。
iPhoneのカメラアプリはとても大切だと思っています。

本日のアプリ


Camera+
200円
(2013.12.10時点)
 iTunes で見る
posted with ポチレバ


最後まで読んでいただきありがとうございます。
RSSの登録はこちらからどうぞ

follow us in feedly

気に入って頂けた記事はシェアして頂けると嬉しいです!

-iPhoneアプリ
-,