Ns Note

「たのしい」「おいしい」のライフログ

iPhone電池が減るときのチェック

iPhone設定

iOS7になって電池の消耗が気になりますよね… 設定が変わっているので再度見直しましょう!

2014/02/24

iOS 7に更新したら設定を再確認しましょう!

先日、奥様に
「最近iPhoneの電池の減り方がスゴイんだけど!」
という相談を受けました。

私も確かに「電池減りが早いなぁ」と思ってはいましたけど…
普段から触りっぱなしなので、こんなものかと思っていました。

試しに調べたら設定関係がスゴイことになっているではないですか!

という訳で、少しでも省電力モードで使うための設定を記載しました。
iPhone電池が減るときのチェック

Sponsored Link


設定の確認

以前、iPhoneを使い始めた友人のために書いた記事がこちら

最近iPhone4sを購入した人のためのまとめ 最初にやる設定編


この時に、最初に設定をした方が良い所を説明しているんですけど…

ここで以前に設定を変更した所が元に戻っていました!
iOS の更新時にデフォルトの設定になったようです。

という訳で、再度こちらの変更が必要になります。
せっかくなので、新しいiOS の画像で説明します。

位置情報サービスの設定

人によって設定の方法は違うと思いますけど…
とりあえず、今回は
「これは必要ないでしょ!」
というところで効果が高いところを選んでいます。

設定→ プライバシー→ から
位置情報サービスを選択します。
IMG_5204th_
IMG_5205th_
こちらの項目ではアプリ内で位置情報サービスの利用を許可したものが使われています。
IMG_5206th_
アプリの利用情報は必要最低限にして、不必要なものはチェックを外しましょう。

1番下までスクロールをしていくと、
システムサービスという項目があります。
IMG_5207th_
こちらを開くとアプリ単独ではなく、システムでの利用状態が表示されます。

ここを変更します。
デフォルトでは全て位置情報を利用するのが定位になっています。

私は「コンパス」と「携帯電話通信網検索」以外はOFFにしました。
IMG_5208th_
基本的に、この2点以外は必要ないと思います。
「ちょっとでも電池の持ちを良くしたい!」
という方は、ここの設定変更をしてください。

話がそれますが…

今回の「電池の節約」とは話がそれますが…
位置情報サービスは気をつけて使ったほうが良いです。
写真やFacebook、Twitterなんかは特に注意項目!

位置情報というのは個人情報です。

例えばですけど、
あなたが位置情報利用を許可したカメラで自宅で撮影した写真をネットにアップしたとします。
その行為は
「私はここに住んでいます」
とネットの世界のみなさんに宣言したものとみなされます。
写真の情報に位置情報が記載されているからです。
そして、それを許可しているのは撮影した本人なんです。

位置情報サービスを利用すると便利なことも多いです。
しかしながら、個人のプライバシーの流出につながることも多いです。
本当に注意して使ってください。

地図や天気のアプリは位置情報を把握しなければ機能しません。
そういった類のもの以外は、できるだけ位置情報は利用しないように気をつけましょう。

今日のまとめ

細かい設定は色々とあるんですけど…
今回は単刀直入に、だれでも使わないはずの機能だけに絞りました。
これで、劇的に電池の持ちが改善されるということはありませんが…
使わない機能で電池が減ることは防げます。

近い将来、2〜3日は電池を気にせずガンガン使えるiPhoneが出て欲しいと切実に願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
RSSの登録はこちらからどうぞ

follow us in feedly

気に入って頂けた記事はシェアしていただけると嬉しいです!

-iPhone設定
-