Ns Note

「たのしい」「おいしい」のライフログ

iPadフリック入力

iPad

iPadでもフリック入力で文字入力できるって知ってました?

2016/06/25

うちには4年程iPadがいるのですが、奥様と娘ので私は普段使わないんですね。
なので、iPadのキーボードは不便そうだなとしか思っていませんでした。

今回はiPadでのフリック入力設定の話です。
iPadフリック入力

Sponsored Link


フリック入力

今やみなさんお馴染みのフリック入力。
スマートフォンならではの文字入力方式ですが、慣れたらこれが本当に楽チン!
日本語の文字入力ならこれが1番速いですよね。

よく説明で使うんですけど
『おとこ』→『男』って変換して入力するとします。
携帯のボタン式入力方法だと
ア行5回
タ行5回
カ行5回
計15回叩いた後に決定ボタンを押しますよね。

これがフリック入力だったら、
ア行を触って下にスライド
タ行を触って下にスライド
カ行を触って下にスライド
たった3回のタップで済みます。

劇的に少ないですよね!

しかしながら、iPadのキーボードはiPhoneとは違って日本語かなは50音のキーボード方式。
これがなかなか使いづらいんですよね…。

iPad miniはサイズ的にiPhoneの様に片手持ちで操作をすることが多いと思います。
日本語入力はフリック入力を利用した方が楽だろうと思っています。

子どもの使っているところを見ると、LINEはアプリの仕様でフリック入力で文字入力ができるようになっていました。
どちらが良いか尋ねたところ、『絶対にフリックの方が速い!』とのことでした。
という訳でフリックで入力できたら良いなと思ってたら、ちゃんと設定方法があったんですよ!

設定方法

設定方法は簡単です。
文字入力画面時にキーボードの右下にあるキーボードのマークをタップします。

iPadフリック入力
すると、分割・固定解除と表示されるので、分割をタップします。

iPadフリック入力
無事に終了しました。

分割という表現通りに左右にキーボードが別れて表示。
右側がフリックのキーボード。左側が予測変換や変換の候補が表示される画面になります。
最初はiPhoneのフリック入力との違いで違和感を感じますが、慣れればかなり使いやすいです。

同じように分割された状態で右下のキーボードマークをタップすれば解除可能です。

iPadフリック入力
ちなみに、キーボードの位置がジャまで文字入力画面と被ってしまう時ってありますよね?
固定解除の状態でキーボードマークの右側をタップしながら上下に動かすと、好きなところへキーボードを移動できます!

まとめ

この設定は標準のキーボードだけなのか、シメジではできませんでした。
正直言うと、こんなことしなくても、シンプルにフリック入力のキーボードを選べる設定にしてほしいなと思います。

ローマ字入力のタイプ式が苦手な方や、フリック入力の方が慣れていてやりやすいという方には試してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
気に入って頂けた記事はシェアして頂けると嬉しいです!

-iPad
-,