Ns Note

「たのしい」「おいしい」のライフログ

豚とこむぎ

ラーメン

素材重視の素朴な味わいなのに二郎インスパイア系ラーメン! 豚とこむぎ

2014/10/08

先日、頂いた「二郎インスパイア系」ラーメン店の紹介です。
二郎系なので「野菜」と「ニンニク」がたっぷり!
それなのに、スープが飲める不思議なラーメン屋さんです。

豚とこむぎ(五反田)
豚とこむぎ

Sponsored Link


豚とこむぎ

五反田にある二郎インスパイア系ラーメン店。
駅からは少し歩きますが、Google Mapsで場所はすぐに分かります。

豚とこむぎ
豚とこむぎ
豚とこむぎ
ラーメンの種類が色々とあって、まぜそばとラーメンがメインのようです。

最初なので「小ラーメン」を選択。

店内はカウンターのみ。
黒で統一されたシックな店内は二郎系を感じさせません。

席に座ると
「早速ですが、無料のトッピングをお伺いします」
と店員さんから声がかかりました。

豚とこむぎ
今回はオーソドックスに野菜や脂等の追加トッピングはなし。
「ニンニク少なめ」でお願いしました。

小ラーメン

見た感じは正に「二郎インスパイア」です。

豚とこむぎ
森が少ないように見えますが、野菜はデフォルトでも結構な量です。

ただ、「もやし」9「キャベツ」1位の割合で、ほとんど「もやし」でした。
シャキシャキの歯ごたえはちょうど良くて美味しく頂けます。

麺は極太でかなりの「アルデンテ」仕様です。
二郎のように太くて平たいタイプではなく、丸くて太い麺。
最初のうちは、かなり固めに感じますが、食べているとちょうど良くなります。

ただ、もう少し柔らかくても良いかな…
二郎の麺だったらこのくらいの硬さでも良いと思います。
このお店の麺だと、アルデンテというよりも茹でが足りない感じに思えました。

スープは薄味で飲めます!
二郎系のスープは麺の太さに合わせてワイルドに濃い所が多いと思いますけど。
ここのスープは飲めるのでレンゲも付いてきます。

ただ、少し味がぼけている感じですね…。
大量のもやしから出る水気で薄まっているのかもしれませんけど。
もう少し「コク」があると飲んでも美味しいかと思います。

チャーシューは立派なモノでした。
ダシガラでも脂の塊でもなく、ちゃんと頂けるチャーシューです。
焼豚のタイプには好き嫌いがあると思います。
私はパサパサも脂の塊の嫌いなので、この肉は普通に食べられました。

まとめ

二郎インスパイア系のお店ですが、二郎と思って食べると物足りないでしょうね。
スープがマイルドすぎて麺の重みに負けてしまっています。
トッピングで「カラメ」と「あぶら」が欲しいなと思いました。

全体的にマイルドなんですが、スープにもう少しコクと深みが欲しいですね。
でなければ、二郎のように飲むことを求めず濃い味付けのほうが麺に合うと思います。

逆に言うと、「二郎はヘビーすぎる!」という方にはオススメです。
小ラーメンでは量もさほどではないので、二郎は重すぎるという方には丁度良いかもしれません。

本日のお店

関連ランキング:ラーメン | 五反田駅大崎広小路駅不動前駅


最後まで読んでいただきありがとうございます。
RSSの登録はこちらからどうぞ

follow us in feedly

気に入って頂けた記事はシェアして頂けると嬉しいです!

-ラーメン
-