Ns Note

「たのしい」「おいしい」のライフログ

青葉

ラーメン

風味とコクの元祖ダブルスープ! 青葉の中華そばが自宅近くでも食べられるようになりました!

2016/06/25

自宅から車で少し走らせた所に青葉ができました。
家の近所で気になるラーメン屋さんが無かったので嬉しいです

という訳で、奥様とランチで行ってきました。

Sponsored Link


青葉

動物系と魚介系のダブルスープの元祖と言われるラーメン店。
少し前にも上野で頂いています。

初めて食べた時に美味しいとは思いましたが、それほどクセになる味とは思いませんでした。

歳を重ねるごとにこのラーメンが美味しいと思う気持ちが強くなっていきます。
そのままですけど、年ですね(笑)

東大和店

「青葉」のサイト見たら「東大和店」という文字を見つけ目を疑いました。
私は東京の立川市在中なので東大和市は隣接する市です。

ちなみに、東京で数店舗しかない「ステーキガスト」へ行くのも東大和店。

という訳で、これは奥様連れて行かないとってずっと思っていました。

お店は新青梅街道沿いで、西武線の東大和市駅からのアクセスは絶望的です。
車で向かういわゆる「郊外店」ですね。

IMG_0057th_
IMG_0056th_
駐車場スペースがそんなに無いのですが、反対側の道路にも駐車場がありました。

店内は上野店と同じ開放的なオープンキッチン。

IMG_0051th_
カウンター席がメインですが、奥に大人数でも使えるテーブル席がありました。

オーダー

奥様に初めて食べてもらうので特製中華そばをチョイスしました。
大盛りと特製とどちらが良いか悩んでの選択。

青葉の普通の中華そばでは大盛りにしないと量が少し物足りないです。
特製で具だくさんの豪華な方を選択しました。

特製中華そば

IMG_0052th_
とにかくスープが美味いです。
やっぱり青葉のスープは好きな味ですね。

特製なので普通の中華そばよりもチャーシューが多め!

IMG_0054th_
チャーシューはパサパサではなく、脂たっぷりでもなく好きなタイプのチャーシュー。
豚肉の美味しさを味わえます。
(前も同じようこと書いたかも)

中華そばらしく「なると」

IMG_0055th_
普通の「中華そば」はメンマ、なると、チャーシュー、ノリ
特製はそれらの具の量が多くなり、味玉がプラスされます。

実際のところは、このラーメンは「中華そば」というサッパリとした醤油ラーメンとは程遠いものです。
それでも、中華そばという名前が似合うのが不思議なところです。

初めて「青葉」のラーメンを食べた奥様も気に入ったようでスープを飲み干していました。
私も負けずにスープまで完食。
美味しく頂けました。

まとめ

以前から気になっていたのがお店によって
「コッテリとサッパリから選べます」っていうのがありますよね。
何故どちらかから選ばないといけないのでしょう?

「コッテリでもサッパリでもない調度良い美味しいスープ作れないの?」
って言ってみたいです。

青葉のスープはそんなコッテリでもサッパリでもない美味しいスープです。
コクと旨味があって、いつまでも飲み続けたいスッキリとしたスープ。

昔はコッテリが好きだったんですけど。
今はスッキリが好きですね。

ちなみに1つだけ残念なのはラーメンもつけ麺も麺が同じものだというところ。
つけ麺用に極太麺を別で作ってくれたら、つけ麺も食べたいんですけど。
それまでは、ずっと「中華そば」一筋ですね。

本日のお店

関連ランキング:ラーメン | 武蔵大和駅東大和市駅小川駅


最後まで読んでいただきありがとうございます。
気に入って頂けた記事はシェアして頂けると嬉しいです!

-ラーメン
-, ,