Ns Note

「たのしい」「おいしい」のライフログ

しなやかな腹筋

mono Sports

もっとも効果的に腹筋を鍛える方法

夏に向けてダイエットや筋トレに励んでいる方も多いと思います。
私は腹筋鍛えるの趣味なので、結構自慢できるくらい割れています(笑)
今回はシンプルでもっとも効果的だと思っている腹筋の鍛え方を紹介します。

Sponsored Link


腹筋

柔らかい腹筋
年をとると気になり出すのが、お腹のたるみ。
全体的に筋肉質でも、お腹だけ出ている方も意外と多かったりします。

そんな方が頑張って腹筋鍛えようとすると、腰が痛くなることが多いです。
腹筋のトレーニングは昔からありますが、間違った知識の方も多く、自己流で腰を痛めがち。
私も昔は自己流でがむしゃらに腹筋を鍛えて腰痛に悩まされました。

普段から鍛えることが好きな方でも、腹筋のトレーニング方法は難しいという意見を聞きます。

シンプルで効果的なトレーニング

私がオススメする腹筋のトレーニング方法はシンプルで、本当に効果を実感できます。
腰に負担をかけず、最大限の効果を発揮。

腹筋トレーニング用のローラーを利用したトレーニングです。

腹筋用ローラー



このコンパクトでシンプルな器具が素晴らしいトレーニング効果を発揮します!
1番効くのは腹筋なんですけど、全身の筋肉に効く器具です。
立った状態からのスタートで腕立て伏せの体勢になって、また元の立った状態に戻る。
この動作で、腹筋、背筋、肩、腕、胸、尻、脚とほぼ全身の筋肉に効果があります。

普段から運動していない方は立った状態からのスタートは厳しいと思います。
そういう方は膝立ちの状態からスタートするトレーニングになると思います。
こちらのローラーには小さめのヨガマットが付属していて、膝立ちスタートでも痛くありません。

この器具を利用する腹筋のトレーニングで、もっとも優れているのは腹筋の上部と下部を同時に鍛えられることです。

ご存知かもしれませんが、いわゆる「腹筋」や「クランチ」と言われるトレーニングは、主に腹筋上部を鍛えられます。
反対に「足上げ」や「レッグレイズ」と言われるトレーニングは下腹部を鍛えられます。
どちらも別々のトレーニングとなりますが、腹筋上部のトレーニングのみをやられる方が多いのではないかと思います。

腰痛持ちの方には「足上げ」の腹筋は辛いですしね。

こちらのローラーを使うトレーニングは短時間で強い負荷をかけることができ、腹筋の上部と下部を同時に鍛えることが可能です。
実際にやると分かりますが、上部と下腹部を同時に鍛えてくれるので、ものすごく負荷がかかります。
腹筋が「パキパキ」してくるのを体感できますよ。

コンンパクトなローラーは置き場にも困りません。
大きなトレーニング器具と違い、使わないときは場所を取りません。

テレビで紹介されているようなトレーニング機器は値段も高価です。
こちらのローラーは1000円で購入できるのも嬉しいポイントです。
費用対効果を考えた時に、これよりも優れている機器は思いつきません。

こちらの商品リンクのレビューを見ていただくと、使用されている方のレビューがたくさんあります。
そちらの声も参考にしてみてください。

まとめ

私は普段からジム行ったり、走ったり泳いだりが趣味なので、この時期だからといって特別なことはしていません。
いつもと同じく普段通りに腹筋鍛えてます。

「ちょっと、お腹気になってきた」位の方ですと、最初はローラーで腹筋を鍛えるのは少しキツイかもしれません。
でも慣れてくると、腹筋を鍛えることが楽しくなって、それほど苦しいと思わなくなります。
こちらのローラーを使うと、身体全体を鍛えられるため基礎代謝も上がり脂肪燃焼upの効果も期待できます。

毎日少しづつでも続けていくと、自然とお腹周りがスッキリしてくると思います。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
RSSの登録はこちらからどうぞ

follow us in feedly

気に入って頂けた記事はシェアして頂けると嬉しいです!

-mono, Sports
-,